事業案内

蒸着可能素材

金属

アルミ板、SUS板、マグネシウム板、その他
金属表面へ蒸着処理をすることにより金属の質感を残しながらも様々な色が表現できます。ガラスやプラスチックへの蒸着に比べ、違った風合いです。板材や印刷済みの加工品などへ処理が可能です。

プラスチック

PMMA、PC、COP、その他
板材、成形品など様々な形状へ蒸着処理が可能です。
PMMAへの蒸着にはアンダーコート(ハードコーティング)処理が必要となります。

プラスチックサングラスレンズサングラスレンズインモールド成形品の携帯電話ハードコーティング済みアクリル成形品(車載関係)ヘルメットシールド家電製品

ガラス

様々な形状のガラス素材に対しての、AR処理やミラー処理が可能です。
特にガラスはプラスチックと違い表面状態が滑らかなので、よりきれいな仕上がりとなり、耐久性も格段に良くなります。

プラスチックサングラスレンズサングラスレンズ液晶プロジェクター用防爆カバーガラス印刷済みガラス板の携帯電話ガラス研磨品

サファイア、水晶

AR処理が可能です。お客様のニーズに合わせた仕様での膜の開発に取り組んでいます。

エツミ光学では布製品への特殊処理として蒸着加工の開発に取り組んでいます。

エツミ光学では紙製品への特殊処理として蒸着加工の開発に取り組んでいます。

エツミ光学では木製品への特殊処理として蒸着加工の開発に取り組んでいます。

ページのトップへ ページのトップへ

蒸着の種類

AR(反射防止)

透明
ガラスやプラスチック表面に存在する反射光を減らし、透過光を増大させる機能を持ちます。
一般的なガラス表面では、約4.2%の反射損失が存在しますが、AR処理をすることで、反射損失を0.2%程度まで低減することも可能です。

透明

ブラウン、スモーク
ガラスやプラスチック表面に存在する反射光を減らし、透過光を増大させる機能を持ちます。
一般的なガラス表面では、約4.2%の反射損失が存在しますが、AR処理をすることで、反射損失を0.2%程度まで低減することも可能です。

ブラウン、スモーク

ミラー

ダイクロ
ガラス、プラスチック、金属その他基材の表面の反射を増加させるための機能膜です。
光学フィルターやミラー、また装飾付加価値を高める為の加飾ミラーなどが可能です。
お客様のニーズにあわせた仕様での光学製品、工業製品開発に力を注いでいます。

ハーフミラー
入射する光の一部を反射し、一部を透過するミラーです。
様々な金属材料を用いて成膜が可能です。
また金属を使用しない誘電体膜での成膜により導電性の無い蒸着膜にすることも可能です。

HB(ハイブリッドコート)
反射色と透過率を別々でコントロールでき、表示液晶部カバー窓に適したデザインと視認性を目指した膜も開発しています。
一般的なハーフミラーにくらべて多彩な色の表現が可能になります。

HB(ハイブリッドコート)

金属ミラー/金、銀、SUS、アルミ、チタン、クロム
さまざまな金属蒸着お客様のニーズに合わせた仕様によりハーフミラーから不透過ミラーまで幅広い蒸着処理が可能です。

金属ミラー/スズ(不連続)
アルミやクロムなどの金属と違い、スズを使用した蒸着は導電性がありません。携帯電話への蒸着処理等、電波障害をクリアする為に最適な蒸着です。

透明導電膜

ITO
透明導電性材料、酸化インジウムスズ(スズドープ酸化インジウム)(Indium Tin Oxide)の略称。
基本的に金属は電気を通しますが、光を通さないのが普通ですので透明な材料への成膜には適しません。ITOを成膜することにより光透過な特性を持った蒸着処理が可能です。
LCDなどのフラットパネルディスプレイ、太陽電池、タッチパネルなどの透明電極や、帯電防止膜、電磁波シールド材などに幅広く用いられています。

防汚処理

防汚処理を施すことにより、処理面に対しての指紋等の汚れが付着しにくくなり、拭き取りやすくなります。撥水性も向上しますので水も良くはじきます。

マスキング蒸着

マスキングコート
蒸着加工前にマスキングを行い蒸着をすることで、部分的に蒸着処理をすることが可能です。スマートフォン等のカバーパネルの表示窓部やカメラレンズ窓部などにマスキングをすることで、光学特性等を必要とする部分以外を処理する事ができますので、機能性とデザイン性を満たした加飾表現が可能です。
治工具によるマスキングとシール貼りによるマスキングがありますので、仕様に応じた提案をさせていただきます。

マスキング蒸着

ページのトップへ ページのトップへ

蒸着試作

エツミ光学では、年間1,500件以上の蒸着試作を行っています。(有料)
短納期で対応しています。

製品サンプル

ページのトップへ ページのトップへ