ニュースリリース

2018年 年頭挨拶

2018年1月5日(金)

 新年明けましておめでとうございます。

思った程福井では雪が少なく、過ごしやすいお正月となりました。

皆様におかれましてもつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 

昨年のエツミ光学はあまり良い成績を収めることができませんでした。

これは家電関係(携帯電話)の受注が低調に推移しサングラス部門も

レンズ基材の納入の不備により売り上げが伸びませんでした。

 

今年はと言うと去年の終盤から動き出した車載関連の仕事が、

今年は年間を通して大きく動くことが期待されます。

時計関連やディスプレイ表示関連の新しい仕事も動き出しています。

サングラスに於いては多くのMJ新型を抱え、

レンズ供給の問題が解決されれば、比較的安定した受注を確保できます。

 

今年はサングラスと家電と車載と言う三本柱を真に確立する年だと思っております。

 

新しい分野での仕事が増えると言うことは、今までと異なった作業が発生するということです。

色々まごつくことも多々あると思いますが、当社として、真摯に誠実に向き合い、

スピード良く対応して、新しい業界での当社の確実な良い評判を勝ち取って行きましょう。

 

そして更に当社の蒸着と加工の技術を生かして新しいことに絶えず挑戦して行きましょう。

 

 

この新しい年がより良い年になるよう心より祈念致しまして、私の新年の挨拶とさせて頂きます。

皆様、今年も宜しくお願い致します。

 

 

  ()エツミ光学 代表取締役 小林和宏




一覧へもどる 一覧へもどる